話題沸騰!車を売る時のローンの残りとのことだけどどうなんでしょう

 

中古車の買取専業店に買取査定をオーダーしたはいいけどローンを完済していない場合も無くはないでしょう。こうしたケースでは、売りたい自動車の所有者がご本人なのか別の人なのかどうかともあれ見ておくことが求められます。

本当のところ、所有者についてどの部分を見ると分かるのかと言えば、自動車検査証に書かれているお名前の方が車の権利者となります。

マイカーを買った時に銀行等が提供するローン支払いを組まれたケースでは、こちらの車検証に記載されている名前がご自身の氏名になっていますが、ローン支払いを設定したのが信販系の会社だったケースでは氏名がその信販会社の記載となっています。クレジット会社でローンを組む場合に何故こういった形で信販会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、その理由は月賦が滞ったりしたら、ただちに自動車を差し押さえして確保することを考えているからです。

そんな理由で所有者名義が信販会社にある時にはそちらの自動車を好き勝手に売る事は無理なことです。それでも売却したいのであれば返済を全て完済するかローンの設定し直しをすることで持ち主をご自身に変更してから売ることが必要です。さりとて実際問題そんな事が可能なのは今現在手持ちの現金が豊富にあるケースに限られます。それじゃあ資産がないならどういったやり方が望ましいでしょう。

そういったケースでは買取査定をおこなってくれたくるま買取店に話してもらえると、マイカーの買値から残りの支払い分を返済し、所有権者をあなたのお名前に変えていただくことが出来ます。手続きに関しても全てを買取店に任せることができますので安心です。