話題の車売却と「オークション」の感想、所感

 

自動車を売り払うやり方は、少し前までは自動車販売会社主体の下取りと、中古車取扱店への売却というのが方法として取られていました。付き合いの長い新車ディーラーに下取を頼み、次の車をゲットするという人が以前はそれなりにいましたが、今となってはそうした方法をチョイスするユーザーはそれほどいません。下取ですと、比較すると安くなりやすいことが広く知られてしまったことと、Auctionに行くという新しい方法が知られるようになって来たからです。

ユーズドカーメインのオークションというものがあり、中古自動車販売店やその他販売会社もそちらで売買をしていたりします。一般の人は参入不可能ですが、代行の業者を使用することにより、普通の人も自分の車を「Auction」で売渡が不可能ではなくなりました。なお、もう片方の方式の古い車販売店への引き渡しでは、始めに自分の車を鑑定して頂き、望んだ価格を出してもらえたら交渉が成立となります。

古い車専門店は、手に入れた中古車をちゃんと直して自分の店で売却したり、競売に出品したりします。どういう手立てをセレクトするかは自由ですが、何れを目的にするかによって、ベストな方法は変わってきます。とにかくほんの僅かでも高価に売りたい、というのであれば、競売代行の方に依頼するのが1番高プライスで販売できる可能性が高いです。なのですが心配せず販売したい、信頼の置ける買取店に売って、愛情をもって使ってくれる人に売って貰いたいという事だったら、下取もしくはユーズドカー専門ショップの方が心配ないでしょう。

代行の方にお願いした場合、売却するまで保守代金を払わなければいけませんので、販売に時間が必要な状態なら手数料が割高となる危険性があります。古い車販売店なら次の所有者が見つからなくても売却額をもらうことが出来るというプラス部分が有ります。