話題の中古車査定と「必要書類」のこと

 

中古車を売る時における方法は買取り、または下取といった方法が用意されています。下取はおニューの愛車をゲットした時には、前乗っていた自動車を引き受けて頂くというものです。コチラは走行が差し障りない状況だったとしたらプライスがつくわけですが、古かった際は反対に処分のための費用を必要とされるケースもないわけではないです。

下取りは専門店が行うという訳じゃないですから、高い値段での買い取りは難しいでしょうけど、おニューのお車と交換をする形で乗り換えが可能な良い面があります。逆に買取りは、専業の中古車買い取りの専門店に頼んで引受けしてもらうといったものです。その時期がややこしいなどの短所もありますが、引き取られた自分の車は中古自動車となって市場で取引されることがもとから決まっている訳ですから、想像以上に高価引取りが期待できます。

買取、下取のどちらであっても売却の場合にはいろいろと書類を先に用意する必要があります。その必要書類ですが、自動車検査証やクルマの納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券というものです。その他実印と印鑑証明や、住民票なども必要です。

引受けの際は委任状や譲渡証明書なども使うかと思いますが、これらは買取ショップで用意してくれると思います。譲渡を望むこちら側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、住民票、実印あとは印鑑証明を準備しておきましょう。審査の際もこれらについてはチェックが入るため、失くしたさいには再度発行して頂くこととなります。

万が一紛失のケースでも審査それ自体は受けることが出来るのですが、すぐに買取は行えないため見積額に良くない影響が出ます。