話題の「車の買い取りとリサイクル料金」について思うこと

 

ユースドカーを売却する時の仕方には下取と買取というのが有ります。下取りのケースはおニューの自分の車のを手に入れる時、これまでのくるまを引き受けてもらうというものです。主に新車取扱店が買取りをするので価格のほうはどっちかといえば低めになるケースが多いです。

他方、買取の場合にはクルマ買い取り専門ショップがおこなっており、ユースドカーという名目で店頭に出すことを前提として引受け価格を決めるため、やや高目の買取りが望めます。どっちにしても自分のクルマのを引き受けてもらうことであり、、引き取ってもらう前に買取価格を決めるための査定がおこなわれることとなります。

鑑定をおこなうケースで気になるのはリサイクル料です。自分の車の鑑定で出してもらうプライスとしてはユーズドカー本体の金額、ユースドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等を含めた金額の2つの種類がございます。リサイクル料についてはくるまをゲットしたさい、又はリサイクル料が未納だった時には車検の時支払いとなるもので、後にお車を廃車として壊してしまう時必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等リサイクルする際の費用という名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分するケースでJARSから支払されるということとなります。

コストはだいたい、軽で8000円程、国産車で1万円くらい、外国の車等だと15000円ほど、それ以外で2万円くらいを納める必要性が御座います。たいがいの自動車買取では、こうしたリサイクルの代金をくるまの引き受けプライスとは別として引受されるということとなる訳ですが、リサイクルの料金を入れて買取り金額となっている場合もあり、引受を希望するケースでは事前にチェックしておくのが大切なこととなります。