改めて日本自動車査定協会の「取組」について思うこと

 

くるまの下取・買取時は、まずは査定をすることでしょう。この場合の査定とは、お客様から下取りや買取する際にまともな鑑定をするための処置であり、その為にはいろんな方たちから肯定され、さらに合意された段取りでなければダメなのです。ですが、消費者側からすれば、審査がどんな具合に行われているのかきちんと把握していなかったり、キチンとしたやり方で行われてるかどうかはなかなか分かっておくことが困難なものです。とはいえ、見積の方はマイカーのバリューを確定させる非常に大事な方法なので、考えや方法に色んなものがあると世間のパニックの要因ともなってしまうわけです。

このようなパニックを起こさないようにするため日本自動車査定協会という機関があり、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

日本自動車査定協会は、厳正な鑑定が浸透するように活動している機関であり、消費者が不安なく見積に提出でき、更に満足のいく結果となるシステム作りの動きをしています。

実際の中身としては、例を挙げると健全な査定士を輩出する為の検定を実行しており、査定協会がおこなっている学科と技能研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験に受かることで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録が必要になり、きちんとした見識や決まり事をもってお客さんのクルマの鑑定をします。つまり適正な見積のための資格を保有する方が評価を実施しますので、ユーザーも不安な思いをせずに下取または買取に愛車を提出することが出来るというわけです。