例の中古車屋さんに車を売る時について

 

愛車の売買契約時は、最初にその中古車査定をします。そのモデルといつのものかによって、基礎となる状態でのプライスのイメージをしておきます。それよりその上を行くほど条件がマイナスなら、見積額をマイナスとするなどの手順で処理されていくのです。

通常時の価格に関しては中古車ショップの方で基準となるデータを所有しています。コチラに関しては業者間でのみ出回っているもので、その価格はその型式や年式から残されているものです。とはいえ、この数字はあくまで標準的なものであり、それだけの意味しかございません。それに加え、その額面よりも高額で買取して頂けたり、もしくは安値で引き取られたりする場合も間違いなくあり得る話です。

買取店側からするとなるだけロープライスで買取したいわけで、お店にもよりますが基礎的な買い取りの値段を指し示した上で、もっと低価格な方に話題を変えようとしてきます。売る方としてはちょっとでも高い値段で引き渡ししたいですから、このケースでは強気に話を進めるのが吉です。あるいは、買い取りについての価格が歩み寄れなかったのであれば一旦見送りとし、話を棚上げ状態としておきます。そして他の買取業者とやり取りやっていくのです。

そこで仮に価格が更に上げられてうなずけるものだったら、最初のお店との調整は決裂でも問題はないでしょう。つまり、販売側が満足がいくように交渉を進めていけばOKなのです。一番裂けなければいけない事態は、急いでプライスを決めてしまって、あとあと残念な気持ちを残すことです。金額はなんといっても強気で押し出していく方が後悔しないでしょう。