使用済みの自動車を売り払うときの手順に関する事を、ここらでキチンと把握していきましょう

 

使用していた車を処分する時の手立てというと買取と下取りの両方が御座います。下取りのケースは次のマイカーを手に入れる時一緒に今迄のマイカーを買い上げてもらうというものです。大抵新車の取扱店が買い取りをおこなうので買取額の方はどっちかというと低めになる場合が多いです。

逆に買取りのほうは古い車の買取専業店が行っているもので、使った自動車として店頭に出すことを予定して引き受けのプライスを決定するため、割合高額の買上げが望めます。いずれにしろ使用した自動車を引き受けてもらうことであり、売り払う前に買上プライスを決めるための評価が行われることとなります。

見立てをして頂くとして気に掛かるのは「リサイクル料」です。古い車の品さだめで出してもらうプライスというのは自分の車の本体の価格、お車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険など加えた価格の2つの種類がございます。「リサイクル料」は使用していた車を手に入れたさい、又は「リサイクル料」が未納の時には車検を通した際に支払いになりますので、のちにクルマを廃車にして壊してしまう時に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルする時のコストという名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体する際に自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

料金はおおよそ、軽だと8千円程、普通車だと1万円ほど、外国製自動車の場合1万5千円ほど、それとは別に2万円程度を入金する必要がございます。たいがいの使った自動車買い上げだと、そうしたリサイクル料を古い車の引き取り価格とは別ということで引取られるというようなこととなる訳ですが、リサイクル料金をいれて評価の額であるというケースも有り、引受を依頼する時は先ずは確認しておくことが求められます。