使っていた車を売り渡す際のやり方に関する事を、こちらでちゃんと確認していきましょう

 

中古自動車を売却する時のやり方としては買取と下取りの2つがありますね。下取の場合というのは新しいお車をゲットすると同時にこれまで乗っていた不要車を引き上げてもらうというものです。大抵は販売店が買取をおこなうため買取プライスとしては割と低価格になるケースが多いです。

一方、買い取りのケースはユーズドカー買い取り専門店がおこなっているもので、使用ずみの車として販売する事を予定に買い受けの価格を決定するため、意外に高値での買受けが期待できます。いずれにしても中古の自動車を売却することであり、その前に買上げ額を決定するための見立てがおこなわれます。

値踏みをしていただく際に気に掛かるのはリサイクル料になります。中古車査定で提示される額というのはそのマイカーそのものの金額、マイカーに附随するリサイクル料や自賠責保険といったものをいれた金額の2種類がありますございます。リサイクル料は中古の自動車を買った時、又はリサイクル料が未納だった場合には車検の場合に支払われるもので、今後ユーズドカーを廃車として解体処分する時必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などをリサイクルする為の代金となって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体処分するケースで自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

その際のコストは大体、軽であれば約8千円、国産自動車で10000円位、外国の車ですと1万5千円位、それとは別に20000円ほどを入れる必要が御座います。大概のユースドカー引き上げの場合、こういった「リサイクル料」をu-carの引き上げ価格とは別で買い取りされることとなるワケですが、リサイクルの料金をいれて引き受け額となってるケースも有り、買い取りを希望する場合にはあらかじめチェックしておくことが大事なこととなります。