使った自動車の評定については月賦払いが終了前のケースであってもOK?今一度チェック!

 

u-carの買取り業者に見たてをお願いしたものの、ローンが残したままであるなんて場合も考えられます。こうした時は、売りたい中古車のオーナーが自分になっているのか他の方なのかを取りあえず見ておく事が求められます

実際に、持ち主についてはどの辺を見たらいいのかと言えば、車検証に記載されているお名前の方がユーズドカーの名義の人となる訳です。

今の車を買ったときに銀行系の割賦払いを組まれたケースでは、この「車検証」に記載のある氏名が自分自身のお名前となっている訳ですが、ローン支払いを組まれたのがクレジット会社だった際ですと氏名がその会社の記載になっている訳です。信販会社で分割払いを組む場合どういう理由でこんな形で信販系の会社を所有者として記載するのかというと、その理由は返済が滞納された場合に、スグにそのお車を担保として確保することを考えているからです。

こんな理由によって持ち主名義がクレジット会社となっているケースではそちらの愛車を好きなように売り払う事は出来ないのです。どうあっても売却したいのであればまず残債を全部返済するか分割払いの組み替えをすることで持ち主をご自分に変更した上で手放す必要性が出てきます。そうはいっても実際このような手続きができるのは現在持っているキャッシュがとても多い時になってしまいます。それでは現金が無いケースではどうすることがいいのでしょうか。

そうしたケースでは格付けをやって頂いた使用した車買取専業店に相談すれば、中古の自動車の買取金額から残った支払い分を完済させ、持ち主の欄を貴方自身の姓名に変更して頂くことができるというワケです。手続きもすべて買い取り専門店に任せることが可能なので心配ないです。