今日は中古車査定と事故歴について調べてみた

 

古くなったクルマ買い取りをお願いしたケースだと、一番初めに鑑定を受けることとなります。査定に関しては買取り業者の人が行い、自動車市場の価格等から金額がはじき出されるものとなります。

一般的にユーズドカーということで売りに出されている額の2、3割程度が売却金額となっていますが、好評なクルマであったり、珍しいクルマである等の場合には高い買取額が付くなどの場合もあるみたいです。ほかにも、年式が新しければ新しいほど高い金額となります。ただし、これらの買取金額はクルマが万全な状態のときであって、パーフェクトではないときには低い鑑定となります。中でも特に事故の跡は見積価格に結構関係してきます。

事故の跡とは言っても定義が微妙ですが、基本的にくるまの基礎となるフレームの部分までダメになるようなアクシデントを経験した車はこれに当てはまります。このような修復歴のあるクルマはあとから何かしらの被害が現れる危うさがあるので、買取り価格に関しては短所になります。一方で、フレームの部分にまで影響が無く、ボディを修復した程度であればなりませんが、ですが修復歴としては付くことになります。

無論、修復歴が付く訳ですからマイナスの影響が有るのですが、事故車よりも低く値踏みされることはございません。また、エンジン等に面倒が発生しているときもマイナスに見られますし、日頃からの点検整備の状態が見積もりに関係してきます。

このへんは我々には見分けはつかないのですが、見積もりを行う買取専門ショップとしてはキッチリそのへんも見てきます。

どちらにしても修理歴は無いことが中古車買取金額がアップできるかどうかの最低条件となります。