クルマ買取業者と「オークション」について思うこと

 

中古車を売る手立ては、一昔前までは新車販売店の下取、または中古車販売業者に対する売却がありました。次の車を買う新車販売店に下取をお願いし、新しい車をゲットする人が以前は多くいらっしゃいましたが、今となってはこの方法を選択するお客さんは少ないです。下取ですと、最も安くなりやすいことが知れ渡ってしまったことと、「オークション」に参加するという目新しいやり方が知れ渡り始めたからです。

ユーズドカー専門のオークションが存在し、中古自動車専門店やその他ディーラーなどもそうした所で売り買いをしている訳です。普通の人加わることができませんが、代行業者を使うことで、一般の人がマイカーを「Auction」で売却することが出来るようになりました。で、もう一方の方法である古い車専門のショップに対する売却では、まずマイカーを査定して頂き、期待通りの希望通りの値段を出されたら売買契約成立というわけです。

古い車のお店は、そうして買い取ったクルマを直して店頭で売却したり、Auctionに出したりします。どういった手段をセレクトするかは人それぞれですが、どれを目的にするかによって、最適な方法は変わってきます。まずはチョットでも高プライスで買い取って欲しい、ということであったら、オークションの代行の方に要請するのが最高に高い金額で販売できる事が可能かと思われます。ですが安心して売却したい、信頼の置ける買取店に買い取って頂き、大切に乗ってくれる人に売却してほしいというのであれば、新車販売店や中古自動車専門業者の方が適しているといえます。

代行の専門店に頼んだとしたら、売れない限りは保管料を支払わなくてはいけませんので、買い取って貰うまでに時間が必要となるとその分高くなる危険性をはらんでいます。中古車専門業者なら買取する方が見つかる前にキャッシュを手に入れることができるいい点があるわけです。