ほら、車売却とリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

 

自家用車を処分するときの手立てというと買い取り、そして下取りのどちらかが存在します。下取りのケースというのはおニューの自分のくるまのを買うかわり、これ迄の自分のくるまのを引受けしていただくというものです。たいてい新車取扱店が引受をするので買い取り額の方はどっちかといえば低価格になる場合が多いです。

一方、買い取りの場合には中古車買取専門店が行っているもので、中古車として店頭に並べることを前提に買取価格を決めるため、どっちかというと高目の引取りが期待できます。いずれにしろ自分の車のを売る事であり、売る前に買取価格を決定するための査定が行われることとなります。

査定をおこなう場合に気に掛かるのはリサイクル料です。車鑑定で出してもらう価格というのはその自動車本体の値段、所有車についてくる自賠責保険とかリサイクル料等々いれたプライスの2種類があります御座います。「リサイクル料」は車を手に入れた場合、又は「リサイクル料」が払われてなかった場合には車検の際に支払いとなるもので、将来、中古車を廃車として解体する時必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルするときの料金ということで使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、壊してしまうさいに自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

料金は、軽自動車であれば8千円くらい、国産車だと10000円程、外車等で1万5千円ほど、そのほかで2万円程度を入れる必要性があります。大概の愛車買取であれば、これらの「リサイクル料」をクルマの引き受けプライスとは別として引取られるということとなるのですが、リサイクル料金を含んで見積もり金額であるというケースもあり、買取を頼む時は事前にチェックしておくのが大切なこととなります。