ほら、中古自動車査定制度

 

車の買い取りや下取りの際には、初めに査定を行います。査定とは、お客様から下取・買取時に正当な評定を下すための作業であり、その為にはさまざまな人たちから認識され、加えて承諾された段取りじゃないと良くありません。とはいえ、ユーザー側から見るのであれば、審査がどんな具合にされているのかきちんと知らなかったり、適正なやり方で調査されているのかはどうしても知ることが出来ないものですよね。そうはいっても値踏みというのはユースドカーの価値を確定させる重要な工程な訳なので、方法や考えに色んなものがあると社会が混乱する一因にもなるのです。

そうしたパニックを起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という機関が設立され、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」とは、適切な査定が行われるように務めている機関のことで、お客さんが無事に値踏みに提出でき、そして満足のいく結果となる制度作りの行いをしています。

実際の内容的には、例を出すとキチンとした査定士を育てるために検定を実行しており、査定協会が実施する学科及び実技の研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験という試験に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。そして査定士として活躍するのには協会への登録を済ませてからになり、健全な基本的なことや責務をもってお客さんのクルマの鑑定をするのです。つまり適正な見積のための資格を保有する者が鑑定をやりますので、我々も不安な思いをせずに買い取りや下取りに持っていくことが出来るわけなのです。