ついでに車売却とリサイクル料について思うこと

 

自分の車のを売却する際の進め方というと下取、そして買取の両方があります。下取りの場合は次の自分のくるまのをゲットする際、今までの自家用車を買い受けして頂くというものです。だいたい新車の販売店が買い取りをすることになるので値段の方はわりと低めに見られることが多いです。

もう一方の買取のケースはユーズドカー買取専門店が行っており、中古の車という名目で販売する事を前提に引き取り額を決めるため、どっちかというと高目の買取りが望めます。いずれにしてもユーズドカーを売却することであり、売却する前に引き受け価格を決定するための鑑定がおこなわれます。

鑑定を行う時気になるのがリサイクル料になります。自分のクルマの見積もりで提示される額というのはそのユースドカーそのものの価格、ユーズドカーについてくる自賠責保険やリサイクル料等を入れた価格の2つの種類がございます。リサイクル料に関してはクルマを購入した時、またはリサイクル料が払われてなかったケースでは車検のケースで支払いとなりますので、将来、くるまを廃車として処分する時必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするための代金として使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、壊してしまう際に自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

コストはだいたい、軽で約8千円、国産車だと約1万円、外国製自動車とかで15000円くらい、その他で20000円程を納める必要がございます。たいがいのくるま買取りであれば、こうした「リサイクル料」を自分の車のの買取プライスとは別として引取られるというようなことになるわけですが、リサイクル料金を含めて評定値段となってる場合も有り、買い取りを希望という場合に前もって確認しておくのが大切な事となります。