ついでにクルマを売る時の査定

 

ユースドカーの買取では、まず先に車の査定をすることになります。その車と何年式かによって、基礎となる通常時の金額の目安を把握します。ここからさらに印象が悪かったら、鑑定額をマイナスとするなどの手順でやられていくのです。

通常時の金額については中古車ショップの方でベースとなる数字を保持しています。これについては業者間でのみ確認されるもので、その額面は車種と年式によって書かれているのです。とはいえ、このプライスはあくまで基準となる数字なのであり、それ以上の意味は無いといえます。その上、その価格より高い価格で買い取って貰えたり、または安く引き取られたりするケースも当然のようにあり得る話です。

業者側としてみれば可能な限り安値で買い取りたいわけで、ショップにもよりますが基準となる買い取りの価格を提示したうえで、更に安い方向へと話をつなげようとします。こちらの気持ちとしてはできるだけ高プライスで売却したいわけですから、ここではイッキに攻めていくのが吉です。または、買取についてプライスが合意できなかった際は見送りし、話を棚上げ状態としておきます。そののちほかの店舗とネゴシエーション進行させるのです。

そこで仮に額面的にもっと高額となり不満がないなら、前のお店とのやり取りは決裂したとしても問題はありません。言い換えると、販売側が好きなようにやり取りを進めていけば良いという訳なのです。一番気を付けたいことは、あわただしく金額を結論付けてしまい、後になって悔いるということです。売値についてはあくまで強気にいく方が後悔しないはずです。