これは・・・中古車の査定額だそうな

 

クルマ鑑定を受ける際に金額を高くしていただくための方法としては、とにかく見た目の印象をどうにかする事が重要だと思います。引き受けされた中古車は業者専門のセリに出されたり、ショップやインターネットで売り出されるわけですから、現状のいいところと悪いところががっちり見られます。見積の際に良くない点が顕著な見た目では心象が悪く、査定金額も低くなってしまうおそれが存在します。しかも見た目の状態が悪かったりすると、車全体の調子も良くないと考えられ、買取額も低くなってしまいます。その為、クルマ買取の審査をやってもらう際はキッチリとメンテナンスをしてから見積してもらう事が必要だと思います。

純正部品の有無も買い取り金額に影を落とします。改造車の場合であっても鑑定を受けること自体は可能ですが、金額を減らされる対象にされてしまった場合というのは結構あります。改造車は残念ながら喜ばれない傾向があり、ユースドカーとして売りに出される際は純正のものの方が良いという事になっています。純正パーツが多く付属となっていれば買取額の上乗せに繋がり易くなりますので、査定の時には用意しておいたり最初の状態に戻しておくことがいいと思います。査定額を上げてもらう話をされてみるのもいいと思います。

一回目に言われる買取額は低いものになっていることがあり、業者側にも余裕がある場合がままあるのです。ですので、ギリギリの値段を引き出す為には駆け引きが大事なことなのです。とはいえネゴシエーションのやり方となるとなんといっても工夫が必要となります。ほんの一例ですが、他店からも鑑定をやってもらい、お店同士を競合させながら交渉を進めると成功に導きやすいということのようです。