これこそクルマを売る時の査定だそうな

 

中古自動車の売買の時は、まずはその車の見積もりをおこないます。車の型式やいつのものかによって、基準となる通常時の金額の理解をしておきます。これと比較しその上を行くほどコンディションが良くなかったら、金額をマイナスとするなどの手順で処理されていくわけです。

標準時の金額については買取店の方で基準となる数値を保有しています。コチラに関しては業者間でのみ流通しているもので、そのプライスはその型式や年代で記されているものです。なのですが、この金額はあくまでも基準の数値であり、それ以上のものではありません。その上、その価格より高い価格で買取して頂けたり、場合によってはもっと安く売る羽目になったりする場合も当然のように無くはないです。

業者側としてみれば出来る限り安く引受けしたいので、ショップにもよりますがベーシックな買い受けできる額を指し示した上で、それ以上にロープライスな方向へ話を持っていこうとします。こちら側の考えではわずかでも高く売渡したいので、この場合はイッキに話を持っていくのが吉です。はたまた、引き取りに関する値段が解決できなかったのであれば保留とし、そちらで話を止めておきます。そのあと違う専門ショップと商談をやっていくのです。

ここでもしプライス的にもっと高額となり不満がないなら、前のお店との調整は決裂したとしても問題はありません。結局、売ろうとしている側が気に入るようにやり取りを進めていけば良いというわけです。何があってもしてほしくないのは、拙速に売却金額を結論付けてしまい、後になって後悔してしまうことです。金額はとにかく強気に話をした方が心残りはないでしょう。