これこそ「中古自動車査定制度」ってどうでしょう

 

所有車の買い取り・下取時には、必ず査定をさせて頂きます。査定イコール、お客様から下取りや買取する際にきちんとした評定を下すための工程であり、そのためには多くの人から認識され、さらに受け入れられた手順をしないと良くありません。とはいえ、こちら側から見るのであれば、値踏みがどんな感じで行われているのか具体的に存じてなかったり、正当な仕方で実施されているのかは案外分かっておくことが困難なものです。とはいえ、見積の方はマイカーの値段を決定する非常に大切な方法なので、やり方や考えに色んなものがあると社会が混乱する理由にもなる可能性があります。

そんな騒ぎを起こさないようにするため日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、適切な鑑定が行われるように活動している機関のことで、ユーザーが安心して値踏みに出すことができ、更に喜べるような結果となる制度作りの取り組みをしています。

分かりやすい中身としては、例えばキチンとした査定士を輩出する為の試験をおこなっており、査定協会が実施する学科や実技の研修を受けてもらい、そして「査定士技能検定試験」にクリアすることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が受け取れます。その上で査定士として活動するためには協会への登録をしなければならなくなり、まっとうな基礎的なものや責務をもって我々のくるまの評価をします。つまりはしっかりした査定のための資格を保持している人が評価を行いますので、お客さんも不安なく買い取りや下取りに持っていくことが可能となるわけです。