これが車を売る時のローンの残りのいろいろ

 

クルマの買取ショップに評価をしてもらったものの、支払いを払いきっていないケースもあるでしょう。そうした際には、売却しようとするくるまの所有権が自分自身なのか他の方であるかについて何はともあれ確認することが必要です。

本当のところ、所有権はどの辺を見ればいいのかと言えば、自動車検査証に載っているお名前の人がくるまの持ち主となります。

マイカーを買う時点で銀行などの自動車ローンを設定されたケースでは、この車検証に記載のある氏名がご本人のお名前になっていますが、割賦払いを組んだのが信販会社である場合だとお名前がそちらの記載となる筈です。信販会社で割賦契約を組む場合なぜこういった形で信販系の会社を所有権者として記載しているかと言えば、その答えとしては月賦が滞納されたときに、スグに愛車を担保という形で確保することを考えているからです。

こんな事情により持ち主名義がクレジット会社となっている時にはそちらのマイカーを好き勝手に売ってしまう事は出来ないのです。何が何でも売ってしまいたいならまず支払いを完全に終わりにするか支払いローンの組み換えによって所有者をあなたの名前に変更してから売却をする必要があります。さりとて実際こんな手続きが可能なのはその時の手持ちのお金がたくさんある場合になってしまいます。であるならば、キャッシュが足りない方はどのようにするのがいいのでしょうか。

そんな時には評価をおこなって下さった自動車買い取りのお店に相談すれば、クルマの売値から残債の支払いの分を賄い、所有権をあなたの氏名に変更していただくことができるという訳です。手続きについても全てにおいて買い取り専門店にオマカセ可能なので問題ないです。