これがクルマ売却とオークションの感想、所感

 

車を売る経路は、一昔前までは自動車販売会社主体の下取、もしくは中古車ショップへの売渡が普通でした。次の車を買う販売店に下取を依頼し、目当ての車をゲットするという人が以前は多くいらっしゃいましたが、今現在その方法を選択するって人は少ないようです。下取りが、最も安くなりやすいことが広く知られてしまったことと、オークションに行くという方法が知られるようになって来たからです。

ユースドカーを専門とする「Auction」が催されていて、中古自動車の販売業者や他のディーラー等もそちらで売ったり買ったりしているのです。一般の人は参加できませんが、代行してくれるお店を使用することにより、普通の人もマイカーを「オークション」で売ることが不可能ではなくなりました。なお、もう片方の方式のユースドカー専門のお店への譲渡では、まず自分の車を鑑定してもらい、期待通りの希望通りの金額を示されたなら契約の成立というわけです。

中古自動車の専門ショップは、そのように買い取った古い車をしっかりと手入れして、自社で売ったり、競売に出したりなどします。どの方法をセレクトするかは判断によりますが、どういったことを望んでいるのかにより適した方法は違います。まずは少しでも高価に売りたい、ということでございますと、Auction代行の専門店に頼むのが一番高価で買い取って貰える可能性が高いです。とは言っても心配せず引き渡したい、信用のおけるお店に買取して頂き、愛着をもって使ってくれる人に売って貰いたいという事だったら、ディーラーですとかユースドカー販売店のほうが心配ないでしょう。

代行の専門店にお願いした場合、販売されるまで保管代金を考慮しなくてはならないため、買い取って貰うまでに時間が必要となるとそれだけ大変になる危険性があります。中古自動車専門店であれば買いたい方が現れる前に売却額を受け取ることができるアドバンテージがあります。