きましたね車買取の事故歴と修復歴に関して

 

古いお車引受けを依頼したときには、初めに見積もりを受ける事になります。鑑定の方はお店のの人がすることとなり、自動車市場の金額などから値段が出されるものとなります。

一般的に中古の車として販売されている値段の2~3割ほどが売却額と言われているようですが、定評のあるクルマであったり、珍しい車であったりするケースでは高い査定がつくなどの場合もあります。ほかにも、年式は新しいほど高い金額となります。一方でこれらの買取額は自動車がパーフェクトな状態の場合であり、そうではない時は値踏みは厳しくなります。中でも修理の跡等は買取額に大きく影響します。

修理の跡とは言っても定義は微妙なところですが、とりあえず自動車の骨格であるフレームにまでダメになるようなアクシデントを経験した車両は事故車となってしまいます。そのような事故車は将来において何らかの悪影響が出てしまう危険が有るため、査定では悪材料とされてしまいます。とはいえ、フレームの方にまで影響しておらず、外側を修繕した位であればならないのですが、とはいえ事故歴としては付くことになります。

無論、修復歴は付く訳なので良くない被害は有るわけですが、事故車に比べ低い鑑定額となることはないでしょう。他にも、変速機やエンジンなどにトラブルが発生している時もマイナスという事で鑑定されますし、常日頃の点検整備の状況が査定に影響してきます。

そのあたりはトーシロには見分けはつかないのですが、審査をする買取専門ショップではしっかりとその辺りも見てきます。

どちらの場合でも修理歴がないということがユーズドカー買取金額が上昇させることができるか否かの条件となります。