あの車査定の事故歴などについて

 

ユーズドカー引取りを依頼した時は、まずは鑑定を受けることとなります。その際の査定については買取専業店の査定士行う訳ですが、ユースドカーマーケットの金額などから算出されることになります。

大体、古い車ということで売られているプライスの2~3割くらいが買取プライスとなっているようですが、売れ筋のクルマだったり、珍しい車だったりするケースでは高い査定が出るケースもあるようです。それと、年式は新しい方がやはり高くなります。一方、そうした見積価格はその自動車が完全な状態のケースであり、そうではないときには低く見積もられます。なかでも事故歴などは見積金額にかなり響きます。

事故歴とは言っても定義はあいまいですが、基本的には車の骨格であるフレームにまで駄目になっているようなアクシデントを起こした車両は事故車となってしまいます。こうした事故歴のあるクルマは後から何らかの被害が出現するという危険性があるため、プライスに関しては短所になるのです。その一方、フレームの部分にまで影響がなく、外側を修復したぐらいならならないですが、でも事故歴は付きます。

勿論、修復歴としてはついてしまいますのでデメリットの影響は有るのですが、事故車に比べて低く見積もられることは無いでしょう。他にも、変速機やエンジンなどに問題が起こっているときもマイナスとして審査されますし、通常の維持管理の状態が買取価格に影響してきます。

そのへんは私たちには気づかない所ですが、値踏みをおこなう買取ショップの方ではちゃんと状況を見てきます。

どっちにしても修復歴はないことが自分のクルマの買取金額がアップできるかどうかの最低条件となります。