あの日本自動車査定協会という機関

 

くるまの買い取りや下取りの時には、まずは査定を行います。査定イコール、ユーザーから買い取り・下取時にちゃんとした審査をするための手続きであり、それを行うためには多くの人から肯定され、加えて認められた段取りでないといけません。なのですが、ユーザー側からすると、値踏みがどんなふうにやられているのか具体的に把握していなかったり、適正なやり方で実施されているのかはなかなか確認することが出来ないケースがほとんどです。そうはいっても値踏みというのは中古車の価格を決断するとても重要な過程ですから、やり方や考えに種々のものがあれば社会がパニックとなる要因ともなる可能性があります。

そうしたパニックを生じさせないためにも日本自動車査定協会という呼称の機関があり、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会というのは、厳正な鑑定が根を下ろすように活動している協会であり、お客さんが不安なく値踏みに提出でき、そして喜べるようなシステム作りの活動をしています。

具体的な内容的には、例を挙げるとしっかりした査定士を育てるために検定をおこなっており、査定協会が行っている学科や技法の研修を受け、そうしてから査定士技能検定試験に受かることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えてもらえます。そして査定士として勤務するためには協会への登録が必要になり、まっとうな見識や規律をもってお客さんの愛車の品定めをします。要するにきちんとした査定を出すための資格を持つ人間が評定をしますので、お客さんもリラックスして買い取りまたは下取に持っていくことができるのです。